« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

だから家族(7月22日更新)

この3連休。
藤沢に住んでいる友人宅にホームステイ(?)してました(笑)
会社の同期で一番仲のよかった友人のひとり。

昨年生まれた赤ちゃんはすでに9ヶ月になっていて、
彼女(女の子なので)を抱っこしながら
駅までの20分の道を歩いていると、
抱えていた腕が死んだようにしびれてました…。
こんな生活が毎日続いていることを考えると
うーん、本当に両親は偉大だな、と感じさせられます。

で、友人夫妻(と子供)と2日間過ごして、
再び自分の家に帰ってくると
なんだか少し寂しいような気がします。

ひとりの生活には慣れてるし
気楽な生活もいいとは思ってるけど、
家に誰かがいてくれる生活も
やっぱりいいよな、と思ったりします。
友人夫妻と短い間だったけど一緒に過ごしてみて
忘れていた感覚を思い出した感じです。

少し早い夏休み。
色々気づかされた休日でした。

| | コメント (0)

みてはいけない、きいてもいけない(7月13日更新)

本日の内容を端的に
一語で表すとすれば、それは

告知です(笑)

ディンプルという会社が
8月7日にNITENDO DS用ソフトとして
「みてはいけない」というソフトを発売するのですが、
これに初回特典として「きいてはいけない」
という怖い話を5話収録したCDがついてきます。

この収録される怖い話として
ぼくの書いた話が一話収録されます。

言ってみればサウンドノベルのようなものなので、
ぼくが書いた話をさらに語り手役の人がいて
収録をするなかで作者が想定していない出来になる可能性はあるけども、
それはそれでいいことなので
ぼくとしても楽しみでもあります。

まだ実物はぼくも手にしていないため、
どんな出来上がりになるか不明なんですが
もし届いたらまたその内容については
ここでも報告したいと思います。

(別に印税とか入るわけじゃないし・笑)
積極的にぼくはプロモーションするつもりはないんですが、
もし親戚の子供とかがこのソフトを買って
特典CDを聞くことがあったら、その感想を聞かせてもらえるとありがたいですね。

ぼくの身に起きた(?)
身の毛のよだつ話が収録されてますので…

| | コメント (2)

電子化される宗教(7月13日更新)

世間ではi Phoneが話題になってますが、
ぼくは半年前からi Pod touchを使っています。
機能的には当初から「電話機能のないi Phone」
と言われていたように、そのほかの機能の面では
i Phoneと変わらないパフォーマンスだと思います。

そんなわけで、
世間の動きとはあまり関係なく
今日もi Pod touchの方を使い続けているわけですが、
実はapple社がi tuneをi Phone用にVer.アップしたのに伴い、
Touchの方の機能もちょっとだけ(笑)向上しました。
その代表がアプリの追加。

従来のソフトは追加したり削除はできなかったんだけど、
今回からは自分の好きなソフトを探しては
それを有料・無料で追加できるようになり、
ますますマルチタスクなツールとなりました。

ソフトの種類にはゲームのようなものから、
関数演算のできる電卓や小説、
時刻を入力すると飛行機の発着時間を表示してくれるツールなど
様々なものが作られてはアップされているようですが、
その中には聖書のツールなんてものもありました。

i Pod touchは画面が大きいこともあり
テキストを表示させる点でも優れてるので
それを利用して聖書の本文を読めるツールのようですが、
宗教が技術や科学を使用している(もしくはされている?)姿は
なんだか奇妙な感じがします。

いまどきの宗教は
人の心の中からI Pod touchの中へと
場所を移したようです。

| | コメント (0)

季節感覚(7月8日更新)

社会人になって3年という年月は
「季節感覚」がなくなってからの年月に比例します。

学生時代と違って社会人になると
長期の休みもないし、
季節のイベントと接触することが少ないから
ほんと季節感がなくなって困るかな。

最近7月の休日の予定を普通に立ててたんだけど、
友人と話してる間などに
「お祭り」「納涼会」「納会」なんて言葉を耳にするようなって
はじめて…

…もしかして夏?

て気づくような有様。
社会人にとっては8月はなんとなく
盆休みとか休みの印象もあるけど、
7月は本当に普通の月ですね。

こんなことじゃいけないな、
と思う今日この頃。

暑中お見舞い申し上げます。

| | コメント (2)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »