« 電子化される宗教(7月13日更新) | トップページ | だから家族(7月22日更新) »

みてはいけない、きいてもいけない(7月13日更新)

本日の内容を端的に
一語で表すとすれば、それは

告知です(笑)

ディンプルという会社が
8月7日にNITENDO DS用ソフトとして
「みてはいけない」というソフトを発売するのですが、
これに初回特典として「きいてはいけない」
という怖い話を5話収録したCDがついてきます。

この収録される怖い話として
ぼくの書いた話が一話収録されます。

言ってみればサウンドノベルのようなものなので、
ぼくが書いた話をさらに語り手役の人がいて
収録をするなかで作者が想定していない出来になる可能性はあるけども、
それはそれでいいことなので
ぼくとしても楽しみでもあります。

まだ実物はぼくも手にしていないため、
どんな出来上がりになるか不明なんですが
もし届いたらまたその内容については
ここでも報告したいと思います。

(別に印税とか入るわけじゃないし・笑)
積極的にぼくはプロモーションするつもりはないんですが、
もし親戚の子供とかがこのソフトを買って
特典CDを聞くことがあったら、その感想を聞かせてもらえるとありがたいですね。

ぼくの身に起きた(?)
身の毛のよだつ話が収録されてますので…

|

« 電子化される宗教(7月13日更新) | トップページ | だから家族(7月22日更新) »

コメント

その話ってオチのある感じですか?本当に怖い話なんですか?

投稿: まるこ | 2008年7月14日 (月) 21時46分

>まるこへ

正面きって訊かれると
なんだか自信を失ってきた…(笑)

一応オチ(?)はある話だよ。
先に結末を考えてそこから組み立てた話だからね。

怖い話系はみんなそうだと思うけど、
怖いかどうかは語り方にかかってるかな。
どれだけ間をとるか、とかその辺りでも
だいぶ違ってくると思うしね。

ただ内容的には純粋に怖い話だと思います。

投稿: Du | 2008年7月15日 (火) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電子化される宗教(7月13日更新) | トップページ | だから家族(7月22日更新) »