« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

お金が消える日(6月16日更新)

最近ぼくの周りからお金が消えていきます。

といっても、別に物騒な話とか
怪奇現象ではありません(笑)
ようはキャッシュレスの話。

最近持ち歩く現金をなるべく減らすようにしてます。
やっぱり現金の支払いだと小銭を調節して
丁度の金額にしたり、逆にお釣りの小銭で
財布が膨れ、車内はあちこちに埋蔵金が、
という状況が生まれて面倒なことが多い。

今はあまり使う機会がないけど、
東京に戻ったときはPASMOを使い、
営業車の高速料金の支払いは
今日からETCに換えました。

またEdyの電子マネーのカードも入手し、
早速今日は初電子マネーでの支払いを経験。

電子マネーだと当然支払いにかかる時間も短いし
スマート(?)に買い物ができる気がします。
おまけにマイルも貯まるとなればいいことづくめ。

こうなると逆に、世の中に電子マネーが使える場所と
電子マネーが使えない場所が混在していることが
煩雑に感じてくるようになります。
電子マネーだけで支払いが済むとなれば
財布も今以上にかさばらなくて便利だと思うんですけどね。

とはいえ、SuicaやPASMOの普及するスピードを見ていると
近い将来現金が姿を消し、電子マネーが一般化する日がくる気がします。
そうなると世の中のスピードもまた加速するのかな。

| | コメント (2)

帰省?(6月8日更新)

暑いなぁ。

久々の東京の感想でした。
東北に住んでいると、
たまに東京に来たときの気温
(特に最低気温が高い)には
驚かされます。

ところで久々に実家に寄ったこともあり
私鉄の小田急線を使ったんだけど、
いつの間にか新しいロゴマーク(?)みたいなものが
電車につけられていて、人知れず
「ぼくの知らない間に!」と勝手に思いました(笑)
別にいいですけどね。

相変わらず小田急線の駅員は親切で、
駆け込み乗車する人がいて「間に合わないんじゃないか?」
と思う人がいても、それを見ている車掌の方は
ちゃんとドアを開けてくれてました。
そういうところは変わってないなぁ、とか思ったり。

今回は滞在時間が短かったせいもあって
あまりやりたいことができなくて
そのひとつが前のバイト先に寄ること。

ぼくは小田急線沿線にある「北欧」
というパン屋でバイトしてたことがあるんだけど、
客を装って久しぶりに行ってみたかったんだけどな…。
知ってる人がまだいるとは限らないんだけど、
「あぁ、ここで働いてたんだ」てのを感じに行きたかったのに(笑)

そのうち副都心線に乗りにでも
また東京に行こうかと思います。

余談ですが

洞爺湖サミットのテロ対策のため、
大きな駅のコインロッカーが使用禁止なのには困りました。
着いてから使えないと分かってもなぁ…。

| | コメント (0)

批判される大人たち(6月5日更新)

最近ラジオを聴いていたときのこと。
その時の内容が「大人は信用できない」
という内容でリスナーとパーソナリティが
議論している回だったんだけど、大人は

「嘘ばかり」「本音と建前を使い分ける」
「自分の都合で人を裏切る」

など、大人に対する痛烈な意見が
飛び交っていました。

それを聞いてふと思ったのは

自分はどちらなんだろう?

実を言えば
ぼくは心情的にはアンチ大人なところがあって、
感じるものはこどもよりの思想だし
大人にもなりきれていないと思うし、
そもそも大人の境界もわかっていないし、
という感じなんです。

ただどうなんだろう。

こどもからして見たら
ぼくは「大人」として批判される方に
カテゴライズされてしまうのかなぁ。
25歳なんて法律的には大人だし、
学生を終えてから3年も経ってるし…。
気持ちではこどもよりでも
すでに「大人」として見られてるんですかね。

一人暮らしをして、
会社で働いて営業をして、
確かに学生時代とは違うことをしてるけど
そんなこと、大したことではないと思うんです。
今だって迷うことは多いし
分からない・できない・やりたくない
そんな感情は日々去来するしで
厄介なことをこの上ない。
成長した実感なんて一年のうち1日でも感じる日があればいい方。

「大人」にも成り上がれず、
かといって「こども」の名札も外されて、
ある意味この年代って
所属を失った気分です。

…と、感じてるのがぼくだけだったらどうしよう!
というもうひとつの不安も感じてたりして。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »