« ローマ編最終話(5月17日更新) | トップページ | 花の都フィレンツェ (5月20日更新) »

A型人間を読むとく(5月19日更新)

昨日本屋に行ったときのこと。
ふと目に入った平台の本。

本屋の入り口付近にある本というのは
新刊だったり話題の本が置かれる場所で、
ある意味本の花形みたいなもんですよね。

ぼくも本屋に行った際は
いつも平台を見てから店内を巡るんだけど
この日思わず手に取ったのが

Jamais Jamais著 『A型自分の説明書』

そのまま購入してしまいました(笑)

あとで知ったことなんだけど、
元々は作者自身の血液型について
『B型自分の説明書』として出版したのが反響を呼び
他の血液型も、ということで出版された本だそうです。
『B型~』については先々週の
新刊書籍の売り上げ1位にもなってます。

話は戻って『A型自分の説明書』。
一見するとよくある血液型別の啓発本のようだけど、
中身がちょっと…というかかなり変わっているんです。

例えば

A型の人の性格について
列記されている中で

□何でも人に合わせようとする

と書いてあると、以下

□ 自分がガマンすればいいことだから

□ そうして言われる「人当たりがいい」と

□ でもほんとは要求したい

□ でも強くできない

と続いていて最後に

□ のは、相手を傷つけたくないから

そうそう!と思いながら先を読むと

□ の裏に、「嫌われたくないよー」ってゆー心が
見え隠れしてる。チラチラ。

!!!

最後に核心を突いてくる素晴らしい本(汗)

他にもA型の人の性格について

□ いつも腹のそこに何か隠している

□ たまに現実逃避する。でもすぐ帰ってくる。
  行って来まー・・・・・・ただいま。

□ よく親切をあだで返される

□ キレると恐い。恐いことをする

□ 喜怒哀楽をコントロールできる

□ でもコントローラーには「抑制ボタン」しかない

など、客観的に言葉にされると気づくような
(たまに?てのもあるけど。そう感じるのがA型?)
文章が続く、軽妙な一冊です。

文芸社発行 Jamais Jamais著
『A型自分の説明書』

今春お勧めの一冊です。
そのうち『B型~』も買おうと思ってます。

|

« ローマ編最終話(5月17日更新) | トップページ | 花の都フィレンツェ (5月20日更新) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローマ編最終話(5月17日更新) | トップページ | 花の都フィレンツェ (5月20日更新) »