« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

数学だけはいらなかったけど(3月30日更新)

そろそろ新学期ですが、
新学期を迎えた学生が手にするものといえば
新しい教科書

大量にどかっと渡されて
結構持って帰るのが大変なんだけど、
折り目もついてない新しい教科書を手にすると

「大事につかおう」とか

「ちゃんと勉強しよう」とか

そんな気持ちに

最初だけなります…。

その一ヶ月後の心境といったら、ね。

それはともかくとして、
ぼくの場合教科書を受け取った日は
決まってやるお決まりの行動がありました。

それは

国語の教科書の「小説」だけを読むこと

もともと読書が好きな僕としては
渡された国語の教科書は「目の前に置かれた好物」
なわけで、とりあえず小説だけはその日のうちに読んでました。
(随筆や紀行文、古典などには目もくれず(笑)

小学生のときは
「道徳」の教科書の物語も読んでたくらいだから
とりあえず「お話し」であればなんでも好物だったみたいです。

教科書といえば…

たまに学校や教師の方針により
扱わずに省略された単元とかがあって、
「この物語の読解には自信あり!」と
意気込んでいた僕の出鼻をくじくトラップになんどか遭遇した記憶があります。

そういう時は先に言ってほしかったです。

| | コメント (0)

沖縄SONG(3月20日更新)

最近のお気に入りは沖縄ソング(沖縄のアーティストの曲)です。

その素朴なメロディーが自分になじみやすいのか、
それともカラオケで歌うときに歌いやすいからか
最近は聞く曲もカラオケのレパートリーも
沖縄ソングが増えました。

例えばモンゴル800の「小さな恋のうた」
BIGINの「島人の宝」
やなわらばーの「いちごいちえ」
かりゆし58の「アンマー」 etc…

気に入った曲が見つかると沖縄ソングだった、
特に最近はそれが多い気がします。

昨日は会社の学術部長が来ていて
歓送迎会と2次会のカラオケに参加されたんだけど、
この人は実は人事異動の権限を持っている人で
配属・転勤の決定者。

その人の前でもぼくが歌ったのは

「島人の宝」

沖縄に転勤したいと誤解されなかったか
それだけが気がかりです。。。

| | コメント (0)

今日は何の日?(3月20日更新)

今日は春分の日です。

「!?」

てくらい実感がないんですよね。

うちにはカレンダーは貼ってないし、
学生と違ってイベントごとと無縁になると
祝日や曜日の感覚もあいまいになった気がします。

祝日にしても
「とりあえず休めるからいいや」
と思ってしまって、「何の祝日か」意識してない。
その祝日の意味は夕方のニュースで
地域のイベントとして知る感じ。
自分でもどうかと思います。

大事なのは祝日が土日に重ならないこと、
何連休になるのかということ。
それじゃだめですよね。

スーパーに「おはぎ」が並んでるのを見て
単純に「おいしそうだな」としか思わなかった自分に
ちょっとだけ反省。

| | コメント (0)

組成率(3月16日更新)

人に本を紹介する。
人に本を紹介される。

このふたつの経験。
ぼくには同じくらいあります。

そして紹介した本とされた本、
どちらも意外なほど
「誰に」「何を」って覚えてるもんなんですね。

だから本屋で久しぶりにそういう本に出会うと
その人のことも一緒に思い出して
「あいつ、今頃どうしてるかな…」
なんて懐古したり懐かしくなったりします(笑)

紹介された本の中には
いまで続けて読んでいるものも多いので
(残念ながらそうではないものも多いけど)
そう考えると紹介してくれた人のセレクトが
今の自分の一部になってるような気がします。

「人はその人が買ったものでできている」

という言葉があった…気がするけど、
おそらくそこには人が選んだものも含まれてるんだと思います。

| | コメント (0)

星の話し(3月16日更新)

先日会社のイベントで
岩手県の温泉に行った時のこと。

久々に星を見ました。
それも空全体に広がる星を。

24年経っても
「北極星」と「オリオン座」しか見分けられないぼくですが、
それでも星を見るのは好きだったりします。

合宿なんかで
街の明かりのないところに行って見える
星というのも好きでしたね。

星なんてどこにいたって空にあるはずなのに
その存在に気がつくことは少なく、
こうしてたまに星に気づいて見上げていると
それまで忘れていたこと申し訳なく思ってしまいます。

ところで話は変わるんですが

街を歩いていたり、車で走っていると
たまに見知らぬ店に気づくことがあります。

明らかに昔からそこにある様子なんだけど、
今までその存在にすら気づかなかった店が。

車なんかでは往路・復路で車線が変わるため
見える景色が変わるというのも原因のひとつだし、
夜になって煌々とした店内の灯でその存在に気づかされることもある。

「存在することは知覚されることである」
というようなことを言った経験論の哲学者がいたけど、
確かに知覚するまではぼくの頭の地図には
その店はなかったんだな、と思いました。

まだまだ書き加える部分は(日本にも世界にも)多いようです。

| | コメント (0)

Free spirit(3月16日更新)

職業柄、ぼくは出張が多いほうです。

今週は3回仙台に行くことがあって
さすがにそれは多すぎだけど、
基本週一以上はどこかのビジネスホテルに宿泊している感じ。

泊まりというのは
なかなか面倒なことも多いんだけど、
今の生活は自分に合ってる方なので
こういうスタイルで良かったと思います。

これが営業所圏内の担当だったら
自宅との往復になんるんだろうけど、
ほどよく営業所から離れた地域の担当であるぼくは
「家に帰ってもいい」し「宿泊してもOK」という
グレーゾーンにおり、得していると思います(笑)

ビジネスホテルもにしても最近は快適になったもので、
ホテルによっては天然温泉がついてたり
枕は硬さ・高さの異なるものが6種類フロントに用意されてたりと
泊まることのメリットが増えて、不自由さは減少した印象を受けますね。

ぼくは何にしても変化のない生活というのが苦手で
(刺激がないと堕落していくからです)
そういう意味で寝床が変わる、という環境の変化は
自分の向いていると思うし、
だからこそ外勤の仕事も適していると思います。

シャンプーや洗顔料なんかも2セット用意して
「自宅用」「出張用」の2パターンを作ってあるし、
I podやラジオ、デジカメは小さなトランクに入れていつも持ち歩いていて
家での環境をすぐ外に持っていけるようにしています。

日常の中に「旅」が入り込んだ生活。

そんな生活が嫌いじゃないし、
もしかすると若いうちしかできないことかもしれないことだからこそ
日々の生活を名残惜しみながら送っています。

| | コメント (2)

着物とリクルートスーツ(3月15日更新)

そんな季節になりました。

先日会社の試験勉強で
半日エクセルシオールにいたときのこと。

ふと店内を見ると
「リクルート風」の学生が3人
店内ににいるのに気づきました。
それぞれSPIの問題を解いたり、
エントリーシート(懐かしい!)を書いたりと
リクルート生活の真っ只中、という感じでした。

昔から不思議なんだけど、
なんで

リクルートは一目でわかる

んでしょうね。
姿は同じスーツ姿なのに、
街中で見かけると一発で
彼らがリクルートだと分かる気がします。

スーツに着慣れていないのが分かるからか
シャツやネクタイが無難なデザインだから、
はてまた単に若そうだからか。。。

そしてこの季節は同時に卒業の季節でもあります。
おそらく大学の卒業式などは
だいたい先週くらいに行なわれているようで、
先週は街でも着物姿の女性を目にしました。

おそらく日本人はそうじゃないかと思うけど、
ぼくは年の変わり目よりは
年度の変わり目の方が鮮明に
「終わり」と「始まり」を意識します。

だから3月のこの時期になると
なんだか落ち着かない気分にもなるし、
その反面、そろそろ新しい何かか始まりそうな
そんな予感(気のせい?)がして
テンションも3%増くらいになります。

この時期になると
ユーキャンのCMが気になり始めたのも気のせい???

| | コメント (0)

異常事態(3月12日更新)

あまり仕事の愚痴は言わないぼくですが、
あえて一言言わせてもらうならば

午前1時に家に帰って
午前6時には家を出ないといけない

そんな仕事の状況は異常だと思います(汗)

MRの仕事は病院の先生に会うことですが、
「午前7時にアポイント」という暴挙(?)に出た方がいまして
高速道路の移動を考えても6時には家を出ないといけない。

さらに一番納得がいかないのは、
MRは「みなし労働制」が適用されているので
どんなに働いても7時間分の給料しか出ず、
残業手当(もちろん早朝手当も)が出ない点。

働いていることに対しての
インセンティブがあまりにも低いと思うのです。

規定が現実にそぐわってないのなら
規定は現実に合わせるべきだと思うんだけど、な。

| | コメント (0)

ZAKKA(3月10日更新)

よく(でもないけど)
「一千万円あったら何に使うか?」
というような質問は昔からあるけど
それに対する答えってあまり思い浮かばなかったんですよ。

ともすると

「貯金…?」

という悲しい回答しかでないことに
これでいいのか、なんて思ったり。

ただ、最近ではこの質問に対しては
雑貨店とか開けたら楽しいだろうな、と思うようになりました。

一千万円で開けるものなのかは
詳しくは知らないけど、
世界中を旅しながら日本にないものを買い付けて
それを店に並べていくのって
それだけで楽しいと思うし、
自分でセレクトしたものを
お客さんが手に取るのを見るのも
それはそれで醍醐味があるのかな、なんて。

誰か一千万円くれないかな。。。

| | コメント (0)

受けてきました!イタリア語検定(3月9日更新)

タイトルの通り
今日はイタリア語検定を受けてきました。

大学の時に専攻だったドイツ語は
果たしてどこに行ったのか?
という感じですが(…)、
一応半年前から独学でイタリア語はやっていて
今日は個人的には期末テスト的な感じ。
半年間の力試しをしてきました。

…が。

どうだったんだろ…。

筆記はともかく
リスニングは経験がものをいうので、
本日はその部分の弱さが露呈した悲しい形に。

4級と5級の併願だったんだけど、
せめて片方は受かっていてくれると
受けたかいがあるというもの。

実は今年設定した自分の目標というのが
5月か年末にイタリアに行くこと。

少し前からローマ・フィレンツェ・ヴェネチア
には行きたい思いがあって、
イタリア語を学ぶモチベーションも
そこから得てたりします。

個人的な興味として
「音楽」
「芸術」
「キリスト教(史実として)」には関心があるので
ぜひイタリアには行ってみたいと思います。

今回の試験でその夢が遠のかないといいんですけどね。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »