« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

ぼくらが宇宙に憧れる理由(1月30日更新)

昔から

人の体は何からできているか?

という質問があると、
きまって「水」という答えが出てきた気がします。

もちろんそれは間違いではないんだけど、
それとは別に最近興味深い話を聞いたので
ここで書こうかと思いました。

ご存知のように人の体内には
様々な金属が含まれていて
例えば鉄(分)なんかは有名ですが、
他にも多くの金属が体内には存在してるわけです。

ところで、この人間の体内にある金属の中には、
昔、宇宙にあった恒星が爆発した時に散った金属が含まれてるんだそうです。

よくよく考えると、地球は元々爆発により、
宇宙に散らばっていた成分からできたのであれば
その地球上に住む人間も
元は宇宙に散ってた星の欠片からできてるとも考えられる。
人間の体内の金属が、昔は別の星に含まれた成分だというのも
なんら不思議ではないわけです。

とはいえ、ぼくらはみんな
「星のかけら」からできていて、つまりは
人間の中には他の星が存在しているんだと考えると
ちょっとロマンチックじゃないですか?

…え、そうでもない?(笑)

| | コメント (0)

もちろん水抜き栓なんて知ってますよ1月27日更新)

東北に住んだことのない人はわからないと思うけど、
寒冷地には「水抜き栓」というものが
水道管に備わってるんですよ。

水道管の中の水が凍って
水道管が破裂するのを防ぐため、
長期の旅行に出るときはこの「水抜き栓」を開けて
水道管の中の水を抜き去るわけです。

ところで

ぼくは元々関東の人間なので、
この水抜き栓の使い方なんて当然知りません。

先日、お湯の出がどうも悪いので
純粋な気持ち(?)でこの水抜き栓を開けて
お湯の出が良くなったので安心していたところ、
その3日後に水道局から電話があって

「…3日で水道料金8000円ですか?」

どうも聞いたところ、本来水抜き栓というのは
元栓側を閉めてから使うものらしく、
そうしないと水道管の中を水が通過してるのと
変わらないそうで…。

東北に来た際には
このエピソードを思い出すといいですよ。。。

| | コメント (0)

禁句(タブー)はいたるところに(1月27日更新)

ブログ(その前はHP)を始めて数年経つわけですが、
毎年この時期になると気をつけてることがあるんですよ。

1月中旬から2月といえば
世の中は「受験」のシーズン。

昔から受験生の前では
縁起が悪いから口にしてはいけない言葉があるけど、
字を目にするブログでも
この時期はそうした言葉を使わないようにします。

雪の多い東北地方に住んでいると、
ともすればそうしたNGワードが文章に出てきそうになるので
毎回どきどきしてます(笑)

ぼく自身はあまり受験に関するジンクスは気にしないけど、
そういうのを大事にする人が見ないとも限らないですからね。

| | コメント (0)

R25世代のぼくたちへ(1月14日更新)

ぼくはリクルート社が発行していて
首都圏で配布されているフリーペーパー
『R25』が好きで、今も読んでるんですよ。
就活のころに読み始めたので
およそ3年間読んでいることになるのかな?

ところで

実はぼくは今年誕生日を迎えると25歳。
とうとう『R25』と同じ数字になるんです。

『R25』を読みはじめたときは22歳とかで、
その時は25歳なんてまだまだ先だと思ってた。
「22歳なのに『R25』って読んでもいいのかな?」
とか心配してるくらいまだ若かった(笑)

そんなぼくもあっという間に今年25歳ですよ。
月日の流れの早さには
感慨やら焦燥感やら色んな感情が入り混じります。

22歳の時は25歳の自分なんて想像してなかったし、
今の世の中がどうなってるかももちろん分からなかった。
3年経っても自分は変わってないような気もするけど、
その時期を一緒に過ごした同期と会うと
昔とはどこか違う感覚で、
やっぱり変わっていってるんだろうとも思います。

結局のところ

3年先の自分の予測ができないなら
5年後の自分も、10年後の自分も予測なんてできない。
分かるのは過去と現在と、半歩先の将来くらいなんですね。

だったら将来の自分が過去を振り返ったときに、
あの頃に戻りたいよな、と思えるような
そんな時間を過ごしていきたいと思います。

将来をつくるというより、過去をつくっていく
そんな感じで。

なんだか真面目な文章になったけど、
年初の抱負くらいそんなんでもいいよね(笑)

| | コメント (2)

忍び寄る影(1月13日更新)

年明けは大変でした。

きっかけは風邪。

年末実家に帰ったころから
咳が出始めて、その時は普通に
「また風邪でもひいたかな?」
くらいの意識だったんですよ。

ところが

郡山に帰ってきた1月5日の夜。
急に気分が悪くなり始め、
そのまま「急性胃腸炎」にかかりました…。

その夜はあまりに気分が悪く、
結局横に寝てても苦しいので
寝付くことなんてできず、
むしろリクライニングチェアなんかに
腰掛けて体を起こして何とかしのいでいました。

ほんとに気分が悪く、痛みもひどかったときは
「夜間救急外来にかけこもう」とまで
本気で考えたんだけど、
いざそうしようと思っても
立ち上がることも歩くこともできないので
そんな状態で家を出るなんてとても無理。
やむなく断念して夜を明かしました。

明けて6日。
少し回復しました。

…起き上がれるまで。

相変わらず病人のままです。
なんとか座ってることはできるんだけど、
立ち上がろうとするとくらくらして
その場にうずくまってしまう状態。
その日もほとんどベットに臥せってました。

食べものも受けつけず、
何とか温めたスポーツドリンクと
『ウイダーインゼリー』は摂取したんだけど、
結局2日間は食事なんて無理だったな。
気分が悪いのが「病気のせい」なのか
「お腹がすいてる」からなのか区別もつかないんだけど、
とりあえず体が受け付けないものは仕方ない。
特に食べたいわけじゃないから食べずに過ごしました。

おかげで翌日の仕事初めで先輩に
「痩せた?」て言われました。
その通りです。先輩。

完全に回復したのは実は昨日くらいから。
普通に歩けるようにはなってたし、
病院で薬も処方してもらったおかげもあるんだけど
それでも1週間はかかりました。

おかげでとんだ正月休みでした。
記憶に残ってたのが「胃腸炎」だなんて。

みなさんも「風邪」と
「インフルエンザ」と
「急性胃腸炎」にはくれぐれもお気をつけください。

| | コメント (2)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »