« MRというものの営業(10月22日更新) | トップページ | ベース×ベース(10月22日更新) »

Money Control(10月22日更新)

お小遣い帳って続いたことないんだよなぁ。

皆さんはお小遣い帳とか家計簿って
つけたことはあるでしょうか?

生活をしていると当然色々お金はかかるもので
それが請求書という形で眼前に突きつけられるわけですね。

電気、ガス、水道、NHK etc…

だからほんとなら家計簿のひとつでもつけて
お金の出納の管理をした方がいいのはわかってるんだけど、
ぼくは昔からお小遣い帳の類は続いたことがないので
果たして今回もいつまで続くのか不安です。
(ま、まだ初めてすらいないんですけどね。)

ところでお小遣い、て何歳からもらってましたか?
記憶は定かではないんだけど
ぼくが最初にお小遣いをもらったのは
小学生の3年生頃に「1000円」からだった気がします。

その後も
高校の時も部活が忙しくバイトはしてなかったのでお小遣いは頂き、
大学生になってバイトを始めた頃に
自然消滅したんじゃなかったかな。

「モノをねだって買ってもらう」ことから
「自分でお金を管理して計画的にモノを購入する」ことへの流れは誰もが経験することだけど、
それをいつから始めるかってなかなかムズカシイもの。
うちの場合は母が働いてたこともあって
子供にお金の管理をさせようとする意識は早くからあったように思います。

さて、仕事が始まって給料が入るようになると
「よほど高額なもの」でない限り、
手が届かないモノっては少なくなってきます。

だから必要なモノ・気に入ったモノは
ちょくちょく買い足していくんだけど、
そこで思うのは
昔に比べるとあまりモノを買う喜びを感じないな
てことなんですよね。

子供の頃にお金を貯めたりお年玉を待ったりして
買ったモノっては、やっぱり長い時間をかけて
望んできたモノだしそれだけに
やっと手に入った!て感慨もあったんだけど、
なまじ普通に買えるようになってしまうと
そういう感動もなくなってしまうんですよ。

こういう時が
大人になるとツマラナクなるな、
と思う瞬間であったりします(笑)

|

« MRというものの営業(10月22日更新) | トップページ | ベース×ベース(10月22日更新) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MRというものの営業(10月22日更新) | トップページ | ベース×ベース(10月22日更新) »